エフエムくらしき×COOL CHOICE

クールチョイス 未来のためにいま選ぼう

1

地球温暖化を食い止める
クールチョイスについて

クールチョイス 未来のためにいま選ぼう1

クールチョイスについて

こんにちは。津内理沙です。
FMくらしきでは、今年も、地球温暖化を食い止める、賢い選択「クールチョイス」について、 皆さんと考えていきます。

この番組「クールチョイス 未来のためにいま選ぼう」では、クールチョイスな取組について、 各自治体や、企業、団体の皆さんにお話をお聞きします。

さて、今週は、クールチョイスについて改めて確認していこうと思います。
クールチョイスとは、「2030年に温室効果ガスの排出量を、2013年度と比べて26%削減する」という目標達成のため、脱炭素社会づくりに貢献する、製品への買い替え、サービスの利用、ライフスタイルの選択など、地球温暖化対策に資する「賢い選択」をしていこうという取り組みのことです。目標達成の年まであと10年が勝負ということになりますね。

では、私たちがどのような動きをすればよいか、具体的に見ていきましょう。

目標達成にむけての3つの行動

1つ目の、脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買い替え」とは、例えば、大きな買い物ですが、家を建てるときに「省エネ住宅を選ぶ」、家電を買い替えるときに「省エネ家電を選ぶ」、クルマを買い替えるときに「エコカーを選ぶ」といったような事例がわかりやすいと思います。

省エネ住宅では、外壁、壁、屋根、窓などで断熱性能が高まっているのに加え、冷暖房設備、給湯器、照明など、住宅全体で消費するエネルギーの量を総合的に下げる工夫がされています。太陽光発電などで作ったエネルギーと住宅内で消費するエネルギーが年間で概ねゼロになる「ゼロエネルギーハウス」や、エネルギーをコントロールするシステムを活用して自動制御する「スマートハウス」も注目を集めています。

省エネ家電としては、いまや新しく購入する家電製品はすべてが省エネ家電と言ってしまってもいいかもしれません。それぞれの家電製品ごとに省エネ目標の基準値が設定され、それぞれのメーカーは、目標値以上の省エネ性能を目指して開発を進めています。例えば、電気冷蔵庫は10年前のものと比べると、消費電力量がおよそ半分になっているんだそうです。家中の家電製品をひとつひとつ見直してみるといいですね。

エコカーは、石油だけにたよらず、排出ガスがクリーンで、燃料が節約でき、結果として、二酸化炭素の排出を少なくする…という条件で開発されています。ハイブリッド車、電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車などが一般的ですが、バイオエネルギーを利用した車などもあります。

2つめの、脱炭素社会づくりに貢献する「サービスの利用」は、宅配便を利用するときに、なるべく再配達がないようにしたり、クルマの利用を控えて公共交通機関を利用する、といったようなことが挙げられるでしょうか。

そして3つめの、脱炭素社会づくりに貢献する「ライフスタイルの選択」は、衣服によって冷房・暖房の設定温度を調整する「クールビズ」「ウォームビズ」、冷蔵庫の開閉時間をなるべく短くする、寒い日には暖房で温めた部屋で家族が一緒に過ごす、といったようなことが考えられます。7月からスタートしたレジ袋有料化も新しいライフスタイルとして定着してきていると思います。

さらに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために言われている「新しい生活様式」にもクールチョイスにつながる項目が含まれています。出張を控えてオンライン会議をおこなったりテレワークをすることによって車の使用を減らすことができれば、これは二酸化炭素排出の削減につながると言えますよね。

ラジオはエコなメディア

私たちがこのような行動をとらないと、温室効果ガスの排出量は減ることがなく、そのことが気候変動や生態系の変化、海面上昇、さらに、食糧危機や紛争など、取り返しのつかないことが地球規模で起こるということに結びついてしまいます。

FMくらしきでは、2年前にもクールチョイスの番組で皆さんに呼びかけましたが、あなたのお宅では、なにか「これがクールチョイスだ」といえるような動きを始められていますか?

その時に、多くの皆さんに「ご自身が取り組むクールチョイス」を「私のクールチョイス宣言」として挙げていただきました。

多かったのが、LED電球への取り替え、エコカーに乗っている、マイバッグを使っている、などでした。また、料理の際に「鍋帽子」を使ってエネルギーの消費を減らしたり、裏紙を利用している、といった声もありました。

さて、これから12月まで展開していく、FMくらしきの「COOL CHOICE」の取り組み。

そもそも、ラジオは、紙を大量に消費することもなく、受信するにも電気代がそれほどかかりません。出力も、倉敷局が20W、児島・総社・真備が10W。とてもエコなメディアです。

今後もクールチョイスについて考えていきます

そして、この番組では、最初にもお伝えしたように、各自治体や企業、団体の皆さんに、それぞれのクールチョイスに向けての取り組みをご紹介いただくのですが、皆さんにクールチョイスについて考えていただく以上、この番組もクールチョイスの考え方に則って制作していくべきではないかと考えました。そこで、この番組で今後、お話をお聞きするゲストの皆さんにはスタジオにはお越しいただきません!
オンライン会議システムや電話を使って出演いただきます。
これにより、少しでもご出演の方の車のガソリンの使用を減らすことができれば、それはクールチョイスな出演方法ということになります。移動にかかる時間も節約できます。

この「クールチョイス 未来のためにいま選ぼう」は、15分の番組として、金曜日の午前9時から、再放送は土曜日の午後5時からと日曜日の午前10時30分からです。11月まで、毎週お送りします。

また、すでに放送が始まっていますが、倉敷商業高校の放送部の皆さんによる「クールチョイスインフォメーション」。こちらは、クールチョイスに関する短い情報を、1週間、繰り返しお伝えしています。

さらに、12月には高校生による「クールチョイスラジオ」の放送を予定しています。

夏から、秋を経て、冬まで。それぞれの季節でのクールチョイスについて、自分のこととして考えていただければと思います。

さて、おととしに放送した「クールチョイス 未来のためにいま選ぼう」では、地元で活躍するアマチュアミュージシャンの大西てつじさんに、クールチョイスをイメージした曲を3ヶ月かけて作っていただきました。「僕らのキャンバス~COOL CHOICEのうた~」、FMくらしきのクールチョイスのイメージソングです。(曲3分)

最後に、クールチョイスクイズです。今後、番組は全17回。毎週、番組でご紹介した内容から1問ずつ出題して、皆さんにお答えいただきたいと思います。17問すべて正解された方には、すてきなプレゼントをお送りします。では、今回の問題です。

今回はかんたんですよ。「地球温暖化を食い止める賢い選択のことを、なんと呼ぶでしょうか」。
…かんたん過ぎますね。答えがわかった方は、メール、FAX、おハガキでお寄せください。宛先は、

メールは、828@fmkurashiki.com
FAXは、086-430-0666
はがきは、〒710-8528 FMくらしき「クールチョイスクイズ」の係です。

クイズの答えと、あなたのお名前とご連絡先も必ず書いてください。たくさんのご応募、お待ちしています。

クールチョイス 未来のためにいま選ぼう。お相手は、津内理沙でした。来週もご期待ください。

戻る