エフエムくらしき×COOL CHOICE

クールチョイス 未来のためにいま選ぼう

早島町の
クールチョイス取り組みについて

クールチョイス 未来のためにいま選ぼう5

こんにちは。津内理沙です。
FMくらしきでは、今年も、地球温暖化を食い止める、賢い選択「クールチョイス」について、 皆さんと考えていきます。

この番組「クールチョイス 未来のためにいま選ぼう」では、クールチョイスな取組について、 各自治体や、企業、団体の皆さんにお話をお聞きします。

さて、では今週もゲストをお迎えしてお話を伺っていきたいと思いますが、zoomでリモートでのご出演となります。ご紹介します。早島町役場町民課 貝原丈雄さんです。 宜しくお願い致します。

貝原さん:宜しくお願いします。

省エネ改修工事で36%二酸化炭素排出量が削減される見込み

まずは、早島町がこれまでに取り組んできたことについて教えてください。

貝原:早島町では、地球温暖化対策の取り組みとして昨年度役場の庁舎と町民総合会館において省エネ改修工事を行いました。 早島町が管理する施設の中で、二酸化炭素の排出量が多いこの二つの施設について、省エネ設備への改修を行うことで二酸化炭素排出量の削減の取り組みを行いました。

どのような設備を改修したんですか。具体的には。

貝原さん:改修した設備は主に照明と空調と給湯設備です。 照明については、役場庁舎と町民総合会館に設置されていた蛍光灯など約2.100個をLEDに交換しました。 また、合わせて照度センサーをつけることで窓から入ってくる太陽の明るさに応じて必要な照度を調整したり、トイレや廊下に人感センサーを設置することで、不要な時は自動消灯するなどの機能を追加して省エネを図りました。 空調については、役場庁舎の空調の老朽化がかなり進んでいたため効率の良いマルチエアコンに一新しました。 この結果、今年は冷房の効きが良くなったうえに高効率の機器を選定したため電気代もかなり節約できています。 町民総合会館の空調設備については、役場庁舎程老朽化は進んでいませんでしたので、配管などはそのまま利用し、空調機器の本体を効率の良いものに変更しました。 図書館を利用する方々からは昨年に比べて冷房がよく効くようになったという声をいただいています。 他にも町民総合会館の中にあるバーデルーム、お風呂については給湯設備を効率の良い潜熱回収の機器に交換して排ガスに含まれる熱を再利用するようにしました。

ちゃんと利用されている方々からも体感として分かるぐらい変化が見られたんですね。

貝原さん:そうですね。空調もかなり良いものを入れましたので、涼しくなっていると思います。

この省エネ改修工事ではどのくらいの二酸化炭素排出量が削減されるんですか。

貝原さん:これらの改修工事によると、役場庁舎と町民総合会館の二酸化炭素排出量が約36%削減される見込みです。 また、二酸化炭素排出量削減以外にも効果もあります。

以外の効果というのはどういったことなのでしょうか。

貝原さん:LED照明にすることで蛍光灯のような球切れがなくなり職員による交換作業が省くことができたり冷房の効きが良くなることで、仕事の効率が向上するなど職員の勤務環境においてもメリットがありました。

たくさんのメリットがどんどん生まれてきてるんですね。 先ほど36%二酸化炭素排出量が削減される見込みということは、導入されたのが…

貝原さん:昨年度工事いたしましたので、今年度から改修されていますのでまだ年度の途中なので「見込み」というかたちになります。

なるほど。今の時点で36%の見込みですけれども結果は今年度が終わってから、どういう数字が出るかというのも…

貝原さん:はい。楽しみです。

クールチョイス 未来のためにいま選ぼう5-2

エネルギー管理システム「BEMS」を導入

その他にも早島町が取り組まれたことはありますか。

貝原さん:はい。幼稚園・小学校・中学校などでの太陽光発電の実施や町内の防犯灯のLED化を行いました。

やはりLEDにするとだいぶ違いますか。

貝原さん:やはりLEDにすると電気代もかなり変わってきます。

そうなんですね。しかも交換しなくて良いというのは学校も授業や勉強に専念できますよね。

貝原さん:そうですね。役場の庁舎で言いますと、職員が脚立にあがって蛍光灯の交換をしていたんですけど、そういった面倒な作業がなくなりましたので、かなり楽になりました。

そうですよね。負担もだいぶ軽減されて… あとはたくさんこれまでの取り組みをお伺いして、早島町の今後の取り組みはどんなふうに考えていらっしゃいますか。

貝原さん:今回の改修をとおして役場の庁舎と町民総合会館に「BEMS(ベムス)」というエネルギー管理システムを導入しました。 これにより電気使用量を常時記録しそのデータを分析することで施設の運用の見直しに活用しさらなる省エネを目指していきます。 また、今年度から町民の方を対象に太陽光発電システムや蓄電池、電気自動車などの導入時に補助金を交付する制度が始まりました。 こちらをぜひ活用していただければと思います。

これまでも様々な取り組みをされていましたけれど、今後もっとさらにすごい取り組みが行われようとしているんですね。

貝原さん:せっかく良い設備を導入しましたので、もっともっと省エネを目指していけたらと思っています。

エネルギー管理システムでしたかね「BEMS」。 これデータや数字で分かるとより意識しますよね。もっと削減できないかなとか、これだけ削減できたんだったらもうちょっとってより生活の質を向上させるために、一人ひとり意識できそうですよね。

貝原さん:はい。そうですね。数字で出ることによって職員の意識もさらに高まると思います。

あと町民の方が利用できる補助金制度というのは、詳しくは早島町役場に問い合わせいただいたら、どんな風に進んでいくかというのも分かるんですかね。

貝原さん:はい。早島町町民館の方でですね申請用紙等準備しております。また、ホームページでも掲載しておりますのでご確認いただければと思います。

企業で取り組まなくても一人ひとりが取り組んでいける制度にも力を入れていらっしゃるということですよね。

はい。そうです。

では最後に町民やリスナーの皆さんへ呼びかけをお願い致します。

貝原さん:はい。地球温暖化対策は、設備の改修だけでなく普段の生活の中で色々な取り組みができます。 7月から始まったレジ袋の有料化に伴い、マイバッグを使ったり、車の運転において発進するときはゆるやかにアクセルを踏んだり、ライフスタイルを少し変えることで地球温暖化対策を実施することになります。 皆さん、地球に優しいクールチョイス是非取り組みましょう!

ありがとうございます!今週は早島町役場町民課 貝原丈雄さんにお話を伺いました!ありがとうございました!

貝原さん:はい。ありがとうございました!

最後に、クールチョイスクイズです。今後、番組は全17回。毎週、番組でご紹介した内容から1問ずつ出題して、皆さんにお答えいただきたいと思います。17問すべて正解された方には、すてきなプレゼントをお送りします。では、今回の問題です。

地球を守るために地球に優しい生活に取り組む人たちを川田さんはなんと仰っていたでしょうか。 英語でお答えください。

今のこの問題に答えが入っていました。地球を守る人、ですよ。 地球といえば「○○○」。守る人、これはもう検索したらすぐ出てきますかね。

答えがわかった方は、メール、FAX、おハガキでお寄せください。宛先は、

メールは、828@fmkurashiki.com
FAXは、086-430-0666
はがきは、〒710-8528 FMくらしき「クールチョイスクイズ」の係です。

クイズの答えと、あなたのお名前とご連絡先も必ず書いてください。たくさんのご応募、お待ちしています。

この「クールチョイス 未来のためにいま選ぼう。」はインターネット上でもアーカイブ音声を聞くことができます。放送を聞き逃してもホームページ上で後から放送を聞き直すことができます。FMくらしきのホームページからクールチョイスのバナーをクリックしてお聞きください。 これまでのクイズもなんと一回目から全て聞き直すことが可能です。

クールチョイス 未来のためにいま選ぼう。お相手は、津内理沙でした。来週もご期待ください。

戻る